Abiertoロゴ

大阪市中央区・本町

アビエルトのロゴ

映画で心理学

トップページ > 映画で心理学

ありのままの私自身を愛さないと “愛は受け取れない” もので

 
みんな誰かの愛しい人

映画「みんな誰かの愛しい人」の心理分析です。

主人公は、著名な作家を父に持つ女性。

偉大な方がご家族にいれば、こんな気持ちになるのでしょうか。

「近づいてくる人は、私に興味があるのではなく、父親目当てなのよ!」と(涙)

実際のところ、世間には「お金目当てなのよ」「身体目当てなのよ」「私の顔だけ?」などの声があります。

主人公は、やっとありのままの自分を認めてくれるパートナーと出会っても、「彼も父目当てで、私に近づいているの?」と疑います(汗)

*    *    *

この映画は、「ありのままの自分を愛しましょう!そして、愛されましょう!」と教えてくれます。

だって、ありのままの自分を愛さなければ “与えてくれる愛でさえ、受け取れない”ですから。
 

トップページ > 映画で心理学
 

参考外部サイト

女性専門カウンセリング アミティより
《千葉県船橋市にある女性専門のカウンセリングルーム。うつ、パニック障害、摂食障害、恋愛、家族、会社などのお悩みをお持ちの方、カウンセリングをすることにより、あなたの問題を解決に導くお手伝いを致します。》アミティに通ってきてくださる方に「緊張してしまう」というご相談があります。…続きを読む