Abiertoロゴ

大阪市中央区・本町

アビエルトのロゴ

映画で心理学

トップページ > 映画で心理学

浮気をして超落ち込むこともあるもので

 
七年目の浮気

1955年公開の映画「七年目の浮気」の心理分析です。

金髪かつグラマーなマリリン・モンローが、おバカな超天然美女を演じています。

妻を愛する既婚男性の、妄想としての浮気心を満たすお姉ちゃんとして、登場。

現代の映画ならば、苦情がバシバシきそうです(汗)

*    *    *

カウンセリングで時おり、聴くお話。

「主人は何もできない私だからイイって言うのです。バカにしてるわ(汗)」

この映画では、そんな可愛い女性が、大げさに表現されています。

演じるマリリン・モンローはとてもキュート!だけれども、演じる側としては葛藤があったんじゃないかな?

*    *    *

映画同様に、浮気を実行したことで、深く反省する男性は多いです。

本気で浮気するケースはさておき。寂しさから浮気をした男性のケースでいえば「浮気できてラッキー♪」ではありません。

ひどく落ち込んでいるのです。奥様がた…どうぞご安心ください

浮気が本気になるケースは、生き方や考え方が変化したので、パートナーをチェンジしたいケースが多いです。

こうなったら…彼を手放すしかありません(汗)

もしくは、奥様が思い切って生き方をチェンジ!

しかしながら、やはり私らしさを愛してくれる人が、おすすめですね。
 

トップページ > 映画で心理学
 

参考外部サイト

不倫慰謝料|不倫慰謝料請求相談室より
《不倫・浮気の慰謝料請求や交際中止&謝罪文の要求、内容証明や示談書・公正証書など書類作成と手続きの代行》不倫関係が発覚してしまい、その関係を清算した場合、当然、不倫相手と別れたからといって、解決したということにはなりません。 …続きを読む 不倫後の夫婦間の修復・離婚